≪ 事前の相続放棄 ≫

「自分が亡くなったら、同居している長男に

 遺産を全て相続させたい。別居の二男には、

 全く相続させたくない。生きている間に

 二男に事前の相続放棄をさせておきたい。」

 

このようなご相談を受けることもありますが、

「事前の」相続放棄は認められません。

当人のお亡くなりの事実が現に発生して

初めてその相続人による相続放棄が可能です。

また、冒頭のご相談のケースでご説明すると、

予め二男に相続放棄の念書を作成させておいた

としても、念書には法的な効力はありません。

 

冒頭のご相談のケースでは、まず、

「長男に全て相続させる」旨の「遺言書」を

作成しておくことをお勧めします。

そうした遺言書があれば、お亡くなりの後、

長男は、仮に二男の同意が得られなくても、

全ての遺産を相続することが法的に可能です。

(相続による不動産の名義変更も可能です。)

こうした遺言書を作成しておくだけでも、

お望みの結果になる可能性は高まります。

 

もっとも、遺言書を作成しておくだけなら、

二男が長男による相続を不満に感じた場合、

二男が「遺留分減殺請求」を主張すれば

遺留分(このケースでは法定相続分の半分)

が侵害されている限度で、長男による相続を

法的に争うことも可能です。

 

「長男が確実に相続する方法は無いですか?」

 

そのための方法も無いわけではありません。

このご相談のケースでご説明すると、

①「長男に全て相続させる」遺言書を作成し、

②二男が遺留分を事前に放棄しておけば、

長男が全ての遺産を相続しても、

二男は遺留分減殺請求ができなくなります。

(長男による相続を法的に争えません。)

 

ただし、事前の遺留分放棄は、裁判所の許可

得ておかない限り、法的な効力はありません。

 

当事務所は、遺言書作成のサポートも、

裁判所に提出する書類の作成も、

どちらもお引き受けが可能な事務所です。

 

ご相談は無料です。安心してお問合せ下さい。

(ただし初回1時間に限ります。)

TEL:048-599-3131

メールによるお問合せ

受付けています

 

当事務所による遺言書作成のサポート方法は、

遺言手続の流れをご覧ください。

 

遺言書作成(や遺留分放棄の許可申立て)

に関する当事務所の費用は、

遺言 料金表 をご覧下さい。

 

土日祝含め夜8時まで

ご来所は事前にご予約を

TEL:048-599-3131

メールによるお問合せ

受付けています

ご相談は無料です

(初回1時間に限ります)

お気軽にお問合せください

〒360-0037

埼玉県熊谷市

筑波2丁目52番地

新井屋本店ビル4階

TEL:048-599-3131

FAX:048-599-3132

email:isobe@kumagaya-ekimae.jp  

受付時間:9~20時

定休日:定めていません 

対応地域

・埼玉県

  熊谷市、深谷市、

  行田市、本庄市、

  鴻巣市、東松山市、

  羽生市、加須市、

  久喜市、北本市、他

・群馬県

  高崎市、藤岡市、

  前橋市、伊勢崎市、

  太田市、桐生市、他

・東京都・神奈川県

・千葉県・栃木県

・茨城県・長野県

・新潟県・他

ブログ

磯部のブログです。

よろしければご覧下さい。

熊谷駅前の兼業さむらい

相互リンク募集です!

リンク集